リハビリに関する情報を
続々発信中!

NEWS

深部感覚障害

お役立ち情報2021.5.27

こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

前回は「表在感覚障害」についてお伝えしました。

今回は「深部感覚障害」についてお伝えします。

 

深部感覚とは

深部感覚とは、関節の角度や筋肉の伸び具合、振動など、自身の身体の位置や運動方向を感知します。

ちなみに表在感覚は、主に皮膚からの感覚で触覚や温度などを感知します。

以前の記事に詳細は記載しています。

感覚について

 

深部感覚が障害されると

深部感覚が障害されてしまいますと「動いている感じがしない」「自分の腕がどこにあるのか見ないとわからない」といった事が生じやすいです。

目で見れば大丈夫と思われる方もいらっしゃいますが、何気なく動作を行う際に腕や足を忘れてしまい、偏った動作になり、関節や筋肉に負担がかかってしまう。もしくは下敷きになってしまったり、挟まってしまうということも珍しくありません。

予防としては、「感覚が曖昧な腕もしくは足を気にする癖をつける。または、腕や足を保護する動作も一連の動きとして覚える(寝返りの時に腕を抱えるようにする)」といった事が挙げられます。

また、リハビリにおいては「筋肉や関節がどのように動いているかを再認識してもらい、その感覚刺激を基に自身で動かして、動かし方をもう一度覚える」ということが、とても重要になります。

深部感覚が生じてしまうと、「どのように動いているか」という事が曖昧になってしまい、動かし方がわからない、もしくは動かす程度(力や可動範囲)が曖昧となってしまいます。そうなると、「与えられた感覚刺激を基に自身でも動かす」といったことが困難となり、動作時にこわばりが強まってしまったり、粗大筋での活動が優位となり円滑な動作の改善の阻害となってしまいます。

その際には、目で見て「動かされている」と「動かしている」を少しずつ結び付けたり、他の感覚(触覚など)を目印に動きの指標とする練習、といった目と手がお互いに調節し合いながら動かせるようにすることがセオリーとなります。徐々に慣れてきたら閉眼にて自身の動きがイメージできるように、視覚による代償を減らしていき、自然と障害が生じている部位が動くようにもしくは保護できるようにすることが大切です。

〇関連動画

感覚障害を呈した患者様の上肢・手指操作の変化動画

 

ニュース・専門家ブログ

NEWS & BLOG

公式SNS

OFFICIAL SNS

YOUTUBE

自宅でできるトレーニングや
リハビリの成果を動画で発信中!

fb

Facebook

自宅でできるトレーニングや
リハビリのお役立ち情報を発信中!

twitter

Twitter

施設の様子やリハビリ・身体の
お悩みに関する情報を発信中!

instagram

Instagram

リハビリのお役立ち情報や
施設の様子を発信中!

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

当施設は完全予約制のリハビリ専門施設です。
主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症の改善を目的に国家資格所有者がリハビリサービスを提供します。
リハビリをする目的は人により異なりますので、ご利用者様に合わせた目標設定と個別課題への解決としてリハビリプランのご提案をさせていただきます。

所在地

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町3-1 第三JMビル4階

営業時間

月・火・水・木・金・土 / 9:00~18:00

もう一度、思うように身体を動かしたい

リハビリの効果を実感できない

自分に合うかまず試してみたい

マンツーマンでリハビリを受けたい

上記のようなお悩みを
お持ちの方は
この機会に、
ぜひ一度ご相談ください。

スタッフ

お電話でのお問合わせ

048-940-2880

048-940-2880

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:9:00-18:00

メールでのお問合わせ

担当者よりご返信いたします。24H受付中

専門家スタッフカウンセリング付き!

リハビリ
体験プラン

初回
限定

5,500

体験プランのお申し込み

お電話での無料相談

048-940-2880

048-940-2880

(受付時間:9:00-18:00)

リハビリのお申し込みリハビリのお申し込み初回限定0円 お問い合わせお問い合わせ
  今ならキャンペーン中!今ならキャンペーン中!