リハビリに関する情報を
続々発信中!

NEWS

感覚について

お役立ち情報2021.2.15

こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は「感覚」についてお伝えします。

 

  • 感覚障害とは

感覚(触覚、圧覚、痛覚、温度覚、聴覚、振動覚、位置覚、運動覚など)が障害されてしまい、痺れや鈍さ、運動障害などが生じること。

 

  • 感覚の種類

特殊感覚

嗅覚:においを感じる

味覚:味を感じる。

視覚:色や形など、見る感覚

聴覚:音を感じる。

平衡感覚:身体の傾きや回転を感じる。

体性感覚→表在感覚と深部感覚に分かれる。

表在感覚→皮膚からの情報を感じる。

触覚:触れる感覚。物の材質などを感じる。

圧覚:皮膚がへこんだ際に生じる感覚。物の固さなどを感じる。

温度覚:皮膚に触れたものの温度を感じる。

→温覚:「温かい」を感じる

→冷覚;「冷たい」を感じる

深部感覚→筋肉や関節、腱などから感じる。

位置覚:視覚に頼らずに、体の部位がどのような形となっているかを感じる。

運動感覚:視覚に頼らずに、関節がどの方向へ動いているかがわかる。

振動覚:振動を感じる。

複合感覚→複数の刺激をまとめて感じる。

二点識別感覚:2箇所同時に触られたとき、それが2つであると感じる感覚。
皮膚書字覚:皮膚で書かれたものを感じる。皮膚への連続的な刺激を感じる。
立体覚:鞄やポケットの中など、見なくても何に触れて持っているかを感じる。
部位覚:刺激が入力された場所がわかる。(腕、親指など)

・・・・・・・など。

内臓感覚→臓器感覚と内臓痛に分かれる。

臓器感覚:のどの渇きや空腹感、尿意など、内臓からの情報を感じる。

内臓痛:炎症や拡張などによって生じる内臓の痛み。

  • 感覚障害の種類

感覚過敏:感覚が過剰に感じるようになり、不快感や痛みが生じる。

異常感覚:しびれやジンジン・ピリピリと感じる。

錯感覚:異なるように感じる事。※触覚がピリピリと感じる。

神経痛:「触れると痛みとして生じる」など、他の感覚が痛みに置き換わる。

感覚鈍麻:感覚が鈍くなる。触れても左右で強さに差が出る。

感覚脱失:感覚が感じなくなる。触れても触れているのかわからない。

 

感覚の種類だけでもかなり多く、それらを脳内で「情報をまとめる→分析・照合→動作」という流れで処理をしています。

次回は「感覚刺激を受けてから、脳内でどのように処理されるか」をお伝えしたいと思います。


  • 関連記事

脳の機能(高次脳機能)

ニュース・専門家ブログ

NEWS & BLOG

公式SNS

OFFICIAL SNS

YOUTUBE

自宅でできるトレーニングや
リハビリの成果を動画で発信中!

fb

Facebook

自宅でできるトレーニングや
リハビリのお役立ち情報を発信中!

twitter

Twitter

施設の様子やリハビリ・身体の
お悩みに関する情報を発信中!

instagram

Instagram

リハビリのお役立ち情報や
施設の様子を発信中!

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

当施設は完全予約制のリハビリ専門施設です。
主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症の改善を目的に国家資格所有者がリハビリサービスを提供します。
リハビリをする目的は人により異なりますので、ご利用者様に合わせた目標設定と個別課題への解決としてリハビリプランのご提案をさせていただきます。

所在地

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町3-1 第三JMビル4階

営業時間

月・火・水・木・金・土 / 9:00~18:00

もう一度、思うように身体を動かしたい

リハビリの効果を実感できない

自分に合うかまず試してみたい

マンツーマンでリハビリを受けたい

上記のようなお悩みを
お持ちの方は
この機会に、
ぜひ一度ご相談ください。

スタッフ

お電話でのお問合わせ

048-940-2880

048-940-2880

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:9:00-18:00

メールでのお問合わせ

担当者よりご返信いたします。24H受付中

リハビリ体験リハビリ体験 理学療法士

体験プランのお申し込み

お電話での無料相談

048-940-2880

048-940-2880

(受付時間:9:00-18:00)

リハビリのお申し込みリハビリのお申し込み初回限定0円 お問い合わせお問い合わせ
  今ならキャンペーン中!今ならキャンペーン中!