リハビリに関する情報を
続々発信中!

NEWS

脳の機能(高次脳機能)

お役立ち情報2020.11.26

こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

これまで記憶障害、注意機能、失認とお伝えして来ました。

今回は脳の神経系を、特に高次脳機能に視点を向けてお伝えしていきたいと思います。

 

  • 大脳半球での大まかな役割

左半球・・・言語的思考や計算など(優位半球)

右半球・・・空間的能力や音楽的能力など(劣位半球

・左右の半球を「脳梁」で連絡し、情報の連携を行う。

※右利きの方のほとんどが左半球=優位半球

 左利きの2/3は左半球=優位半球

  • 大脳の役割

大脳では溝を境に、4つの領域に分かれています。

また、それぞれの領域で役割が異なっています。

 

  • 各領域での連動

情報(感覚)の入力と統合

・嗅覚・視覚・聴覚・触覚・味覚などの情報(感覚)が脳に入力されて、頭頂連合野にて統合される。

側頭連合野:聴覚と視覚を統合して「それが何か」を判断する。

頭頂連合野:視覚から「どこにあるか」を認識し、感覚情報を統合する。

 

思考と判断

・頭頂連合野で統合された情報(感覚)を前頭連合野へ送り、「何をすべきか」を考えて判断する。

前頭連合野情動のコントロールや行動の抑制にも関わっている。

随意運動

運動野は前頭連合野からの指令を受けて、目的に対して体を動かすように指令を出す。

・脳からの指令を延髄・脊髄路を通り、末梢神経に移行して、骨格筋に伝わる。

 

  • 大脳領域と病巣

上記のように脳神経同士が連絡を取り合って「知覚→統合→判断→動作」といった流れで情報処理をしております。

それらの経路が障害されることで、情報処理が出来ずに、高次脳機能障害として症状が生じます。

 

例えば・・・

頭頂葉(情報統合)が障害→感覚の統合が出来ないため「物体の認識(失認)」、「前頭葉へ情報投射が出来ないため、初動が起こせない(失行)」となる可能性があります。

 

また、

梗塞や出血が大きく、経路が密集された場所に障害が生じる事で、症状が複数生じてしまう事もしばしばあります。逆に、梗塞や出血が大きくても、経路が障害されていないと症状として生じない場合もあります。

 

なので、

セラピストは、症状からどの高次脳機能障害が生じているのかを読み取るのはもちろんのこと、脳画像を見て、大まかに生じるもしくは生じているであろう可能性を見出す事も大切です。

 


  • 関連事項

当施設では”無料送迎”をやっておりますので、ご確認下さいませ。

↓↓↓

新型コロナウイルス感染拡大防止のため「無料送迎」実施!

それでは失礼致します。

 

ニュース・専門家ブログ

NEWS & BLOG

公式SNS

OFFICIAL SNS

YOUTUBE

自宅でできるトレーニングや
リハビリの成果を動画で発信中!

fb

Facebook

自宅でできるトレーニングや
リハビリのお役立ち情報を発信中!

twitter

Twitter

施設の様子やリハビリ・身体の
お悩みに関する情報を発信中!

instagram

Instagram

リハビリのお役立ち情報や
施設の様子を発信中!

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

当施設は完全予約制のリハビリ専門施設です。
主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症の改善を目的に国家資格所有者がリハビリサービスを提供します。
リハビリをする目的は人により異なりますので、ご利用者様に合わせた目標設定と個別課題への解決としてリハビリプランのご提案をさせていただきます。

所在地

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町3-1 第三JMビル4階

営業時間

月・火・水・木・金・土 / 9:00~18:00

もう一度、思うように身体を動かしたい

リハビリの効果を実感できない

自分に合うかまず試してみたい

マンツーマンでリハビリを受けたい

上記のようなお悩みを
お持ちの方は
この機会に、
ぜひ一度ご相談ください。

スタッフ

お電話でのお問合わせ

048-940-2880

048-940-2880

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:9:00-18:00

メールでのお問合わせ

担当者よりご返信いたします。24H受付中

リハビリ体験リハビリ体験 理学療法士

体験プランのお申し込み

お電話での無料相談

048-940-2880

048-940-2880

(受付時間:9:00-18:00)

リハビリのお申し込みリハビリのお申し込み初回限定0円 お問い合わせお問い合わせ
  今ならキャンペーン中!今ならキャンペーン中!