リハビリに関する情報を
続々発信中!

NEWS

脳サポメディカルニュース「肺炎」

お役立ち情報2020.1.28

65歳以上の方がかかることのある、肺炎球菌感染症の1つが肺炎です。
主な症状は、せき、発熱、たんなど、かぜの症状と似ているため、肺炎は“かぜをこじらせたもの”と考えられがちですが、肺炎とかぜはちがいます


肺炎では、細菌やウイルスなどの病原体が、酸素と二酸化炭素のガスの交換を行う肺胞に感染して炎症を起こします。
このガス交換に障害が生じると、息切れ、黄色~緑色や鉄さび色のたん、38度以上の高熱などの症状が長く続き、一般的なかぜよりも症状が重くなります。


かぜと肺炎は、ちがいます!

 

かぜと肺炎の比較

☆かぜ
・鼻水 ・くしゃみ・せき
・ノドの痛み
・38℃くらいまで
・数日~1週間くらい

☆肺炎
・胸にするどい痛み・せき
・熱・悪寒・息切れ
・全身のだるさ
・黄色~緑色や鉄さび色のたん
・顔やくちびるが紫色
・38℃以上の高熱

長く続く、息が浅くなる、呼吸が速い、ぐったりする、食欲が無いなどは、気づきにくい症状のため、
肺炎と気づかないまま、悪化させることがあります。
“かぜだと思っていたら、肺炎になっていた”ということがないように、こうした症状が3日~4日続いたら、肺炎を疑って、すぐに医療機関を受診しましょう。

現在肺炎は、日本人の死因の中で、がん・心疾患に続いて第3位となり、肺炎で亡くなる方は、年間で約12万人に達します。
その内の96.8%が65歳以上です。
高度高齢化社会を迎えた日本では、肺炎予防の重要性が増しています。
肺炎にかからないためにはワクチン接種などの予防対策が重要です。

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

当施設は完全予約制のリハビリ専門施設です。
主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症の改善を目的に国家資格所有者がリハビリサービスを提供します。
リハビリをする目的は人により異なりますので、ご利用者様に合わせた目標設定と個別課題への解決としてリハビリプランのご提案をさせていただきます。

所在地

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町3-1 第三JMビル4階

営業時間

月・火・水・木・金・土 / 9:00~18:00

お電話でのお問合わせ

048-940-2880

048-940-2880

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:9:00-18:00

メールでのお問合わせ

担当者よりご返信いたします。24H受付中

リハビリ体験プランリハビリ体験プラン
リハビリ体験
5,000
受付中!
脳梗塞・脳出血、
その他骨折や
疼痛疾患にも対応