リハビリに関する情報を
続々発信中!

NEWS

遂行機能障害について(高次脳機能障害)

お知らせ2020.12.21

こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

前回は半側空間無視についてお伝えしました。

今回は”遂行機能障害”についてお伝えいたします。

 

  • 遂行機能障害とは

目標を定めて、計画を立てて、効率よく目標に対して行動することが困難な状態。

  • 遂行機能の流れ(計画~行動まで)

①目標の設定

②目標までの計画立て

③計画を実行

④効率よく課題を実行する

①~④の流れで目標を立てて行動に移します。

 

より細かくすると、

目標設定:意志や動機付け。今後何が必要か/何をしたいかを考える。

計画立て:①を遂行するための段階を考え、その段階の評価と選択(できる事を選ぶなど)を行い、行動を導く枠組みを決定する。

実行:段階付けた順序で、様々な出来事を処理し、環境に配慮し、場合によっては計画を修正するなど臨機応変に行動する

効率化:目標を念頭に置き、現在の進捗を振り返りながら行動する

と、いった流れになっております。

そのため遂行機能障害が生じてしまうと、

「計画を立てずに衝動的に行動を起こす。」

「臨機応変さが乏しくなり物事に固執する。」

「特定の基準(動物や「あ」の付く言葉など)に合う対象が多く出て来にくい。→思考の流暢性が乏しい」

などが生じることがあります。

 

  • 遂行機能障害の対応方法

遂行機能障害を呈された方は、失行や失語などの一般的な高次脳機能障害は認められず、IQ(知能指数)も保たれている場合、比較的受動的な環境である入院生活では著明な問題として見られない事も少なくありません

そのため、退院して社会生活を送る際に発見されることが多いため、家族だけで悩むのではなく、「どの場面でミスをしやすい傾向にあるか」をまとめて、専門家に相談する事が重要です。

また、

本人に何故うまく行動が出来ないかを、ゆっくりと説明をして、現状を受け入れてもらい、生活上でどういったことにミスが生じやすいかを確認・把握し、ミスが予想される行動に対してアドバイスをすることが大切です。

また、場所や物の配置などを工夫して集中しやすい環境をつくることも大切です。


  • 関連記事

脳の機能(高次脳機能)

それでは失礼します。

ニュース・専門家ブログ

NEWS & BLOG

公式SNS

OFFICIAL SNS

YOUTUBE

自宅でできるトレーニングや
リハビリの成果を動画で発信中!

fb

Facebook

自宅でできるトレーニングや
リハビリのお役立ち情報を発信中!

twitter

Twitter

施設の様子やリハビリ・身体の
お悩みに関する情報を発信中!

instagram

Instagram

リハビリのお役立ち情報や
施設の様子を発信中!

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

当施設は完全予約制のリハビリ専門施設です。
主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症の改善を目的に国家資格所有者がリハビリサービスを提供します。
リハビリをする目的は人により異なりますので、ご利用者様に合わせた目標設定と個別課題への解決としてリハビリプランのご提案をさせていただきます。

所在地

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町3-1 第三JMビル4階

営業時間

月・火・水・木・金・土 / 9:00~18:00

もう一度、思うように身体を動かしたい

リハビリの効果を実感できない

自分に合うかまず試してみたい

マンツーマンでリハビリを受けたい

上記のようなお悩みを
お持ちの方は
この機会に、
ぜひ一度ご相談ください。

スタッフ

お電話でのお問合わせ

048-940-2880

048-940-2880

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:9:00-18:00

メールでのお問合わせ

担当者よりご返信いたします。24H受付中

リハビリ体験リハビリ体験 理学療法士

体験プランのお申し込み

お電話での無料相談

048-940-2880

048-940-2880

(受付時間:9:00-18:00)

リハビリのお申し込みリハビリのお申し込み初回限定0円 お問い合わせお問い合わせ
  今ならキャンペーン中!今ならキャンペーン中!