脳梗塞リハビリサポートセンター越谷|脳梗塞・脳出血の後遺症改善

認知症の方

「ぼける」と総称されることの多い「認知症」ですが、この「認知症」という言葉は病名ではありません。「ぼけた」ような状態を表す言葉です。日本人の「認知症」で6割以上は「アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)」です。この「アルツハイマー型」はメディアにも取り上げられることが多く、皆様ご存じのことと思います。残りの4割は、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症(ピック病)の3つと、アルツハイマー病と脳血管性認知症の混合タイプも含まれます。
認知症になると、記憶力の低下、コミュニケーション能力の低下のほか、言語力・集中力・注意力・論理的思考力・判断力・視覚認知力が低下します。自分で動こうとする気力を失くすこともあり、周りのご家族が、片時も目を離せない状態になってしまいます。

施術方法

  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)・予防

認知症の治療には数種類の治療薬があります。すでに病院で処方されていらっしゃることと思います。これらの薬は、認知症の進行を遅らせたり、症状を軽くしたりする効果がありますが、根本的な治療はできないのが現状です。
リハビリでは、まず運動療法が効果が出やすいとされています。ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングやエアロバイク(自転車こぎ)などの有酸素運動が良いでしょう。運動により脳内血流と酸素量を増加させ、脳細胞にメリットをもたらす可能性があることがわかっています。この運動の効果を最大限に活かすためには、毎日行うことが大切です。週に1度のきつい運動よりも、30分程度の軽い運動を週3~4回、できれば毎日行うほうが効果的です。身体に無理のない範囲で、半年から1年程度は運動を続けることで効果が明確になるとされています。さらに、運動をしながら、同時に脳に負荷をかける(頭を使う)とより効果的だとされています。例えば、ウォーキングや踏み台昇降をしながら簡単な計算をしたり、しりとりをしながら歩く方法が有効です。
他に有効な手段としては、「話しをする」という方法があります。特に昔話になると饒舌になられるようです。音楽を聴きながら踊ったり、リズムを叩いたりする方法も、脳が活性化しますね。絵を描いたり、動物と触れ合ったり、いろいろな手段を用いて、脳に刺激を与えることが大切です。

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

当施設は完全予約制のリハビリ専門施設です。
主に脳卒中(脳梗塞、脳出血)の後遺症の改善を目的に国家資格所有者がリハビリサービスを提供します。
リハビリをする目的は人により異なりますので、ご利用者様に合わせた目標設定と個別課題への解決としてリハビリプランのご提案をさせていただきます。

所在地

〒343-0808
埼玉県越谷市赤山本町3-1 第三JMビル4階

営業時間

月・火・水・木・金 / 9:00~18:00

お電話でのお問合わせ

048-257-3100

048-257-3100

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:9:00-18:00

メールでのお問合わせ

担当者よりご返信いたします。24H受付中

リハビリ体験プラン
リハビリ体験
5,000
受付中!
脳梗塞・脳出血、
その他骨折や
疼痛疾患にも対応